//おうち時間どうしてる?アーティストたちの緊急事態宣言2020

おうち時間どうしてる?アーティストたちの緊急事態宣言2020

緊急事態宣言の発令により、イベントはキャンセル、ギャラリーはクローズ……そんなアーティストたちはどのような生活・制作活動をしてるのか。絵を描くことを生業としているアーティスト2名に直撃してみた。
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

TOMASON
岐阜県出身。オリジナルのモンスターを約10年に渡り描き続け、今月『MONSTER BOOK』を発売。昨年には表参道にギャラリーMATをオープンし、現在はオーナーとして様々な個展を仕掛けている。

①最近いかがお過ごしですか?制作してますか??

ギャラリー(MAT)の営業は中止になったものの、事務的なことや個人の制作のために最近まで通勤してました。家では作業にならないことが多いためほぼ毎日ギャラリーに出社してます。

②キャンセルや延期になった個展やイベントはありますか?

MATの展示は4月は全て中止or延期になりました。僕個人の活動ですと、画集『MONSTER BOOK』の出版イベントである、4/11のPARCOとMATとジャーナルスタンダードでのイベントが延期に。また、4/22の台湾でのイベントも延期となり、かなり厳しい状況です……

③この状況を受けて新しく始めたことってありますか?

手書きのステッカーやアニメーションの制作等細々した作業をひたすら行なっています。
アニメーションに関してはこの機会にチャレンジして何か次に繋げたいという思いでやってます。

④集客・収入に対する影響ってどんなふうに感じてますか?

僕は個人の仕事とMATでの仕事でバランスをとってお金を得ているのですが、どっちも4月は白紙になってしまったので今は耐えの状況です。

⑤直近の作品の写真見せてください!


直近のMATでの個展、Choibusuキーホルダーとのコラボ作品など。

⑥おうち時間での息抜き教えてください

LDHが制作をしているハイアンドローという映画がYouTubeで無料配信されていたのでなんとなく見てたら全作品制覇してました。

⑦今後、作品の打ち出し方(働き方)はどう変わっていくと思いますか?

とりあえずやるべきことをやって、来たるべき時のために備えておきます。
▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼▲▼

SUGI
1990年、三重県出身。KANDYTOWNのメンバーのジャケットなどミュージシャンのアートワークを数多く手がける。2019年には原宿のCLASSや新宿ゴールデン街のBAR十月で個展も開催。他、広告媒体で活動中。

①最近いかがお過ごしですか?制作してますか??

作品制作してます!とにかく、時間が今あるので作品の事を考える時間が増えました。

②キャンセルや延期になった個展やイベントはありますか?

東京以外での展示は延期し、出たかったグループ展やイベントでのライブペイントなども中止になりました。今は仕方ないですが、内心とても悔しいです。

③この状況を受けて新しく始めたことってありますか?

免疫力を高めるため、筋トレを始めました!

④集客・収入に対する影響ってどんなふうに感じてますか?

改めて、自分がやっている事はエンタメなんだなあと感じました。(イベント中止を受けて) 新しいことしないとと思うのですが、どうしたらいいかと迷ってます。 収入は減ってます。

⑤直近の作品の写真見せてください!


自宅で描き下ろした新作です。

⑥おうち時間での息抜き教えてください

耳かきと、料理を作る事です!

⑦最後に、活動を応援してくれているみんなにメッセージを

今はとにかく家にいて、作品を作ることに専念します。
みんなとまた会える日を楽しみにしております。どうか絶対にお元気で!!

Fashion Editor/Art Curator/Bar Hopper ファッションをとりまくカルチャー全般が好き。ちょっとしたStylingは自分で組みます。座右の銘は「もつべきものは友、のむべきものは酒」。代表作はひとり酒をテーマにした「酒と街とマスターと女」連載。平日BARハシゴ、週末ARTギャラリーハシゴの日々。好奇心旺盛で人見知りをしないので、センスのある人に積極的にインタビューしていきたいです。 instagram:@00candyvoice00