//芸術の秋に復活!アート色の強いPARCOが渋谷に帰ってきた

芸術の秋に復活!アート色の強いPARCOが渋谷に帰ってきた

2016年8月7日にクローズした渋谷PARCOが、2019年11月22日にリニューアルオープンを迎える。足繁く通っていたアートギャラリーが無くなったことで、心にぽっかり穴が開いたような日々を送っていたので、待ちに待った今回のリニューアルオープンでどんな施設が登場するのかこの上なく楽しみ。他のデパートに比べてもサブカル色の強いPARCOの気になる新店舗を紹介!

2G


ギャラリー併設のスタジオ、2G(ツージー)は、ギャラリー・セレクトショップ・アートトイという3つの要素から構成された新感覚の空間。渋谷のギャラリーNANZUKAセレクトのアーティストによる展示や、小木”Poggy”基史をディレクターに迎えたアパレル展開、MEDICOM TOYによるベアブリックの販売など、各方面から厳選されたアイテムが揃う。

© Hajime Sorayama © Daniel Arsham BE@RBRICK TM & © 2001-2019 MEDICOM TOY CORPORATION.

ギャラリー第一弾として、ダニエル・アーシャムと空山基による展示やコラボグッズに注目!4G、5Gのデジタル時代と言われている今、あえて2Gというアナログなモノづくりを表現する意味を込めたショップ名、空山基がデザインしたショップロゴなど、新旧のテイストが交差する。

ティフォニウム・カフェ


約37ある飲食店からは、B1の占いカフェをレコメンド。魔法にかけられたようなAR体験をしながら、見て楽しい・食べて美味しいという体験型の「魔法パフェ」と新感覚の占い「タロットVR」を堪能してみて。

ティフォニウム・カフェ:https://www.tyffonium.com/location/cafe-shibuya/

今回「食・音楽・カルチャー」をコンセプトに注目が集まる、B1の「CHAOS KITCHEN」エリア。グルメ著名人としても活動するアートディレクター秋山具義によるロゴデザインや、建築家の藤本壮介が手がける、鏡面素材を使った天井や床はショップのファサードが映り込むという内装は、まさにカオスな空間。

「世界へ発信する唯一無二の“次世代型商業施設”」をコンセプトに、特定の年齢層や性別にこだわらず、<ノンエイジ><ジェンダーレス><コスモポリタン>をキーワードとし、5つのジャンル(ファッション・アート&カルチャー・エンターテインメント・フード・テクノロジー)で構成された約180店舗が、2019年11月22日にいよいよお披露目となる。

渋谷PARCO

場所:渋谷区宇田川町15-1
開店日:2019年11月22日(金)
時間:
物販/サービス 10:00-21:00
飲食店 11:00-23:30
※一部店舗は営業時間が異なる
定休日:不定休
HP:https://shibuya.parco.jp/

Fashion Editor/Art Curator/Bar Hopper ファッションをとりまくカルチャー全般が好き。ちょっとしたStylingは自分で組みます。座右の銘は「もつべきものは友、のむべきものは酒」。代表作はひとり酒をテーマにした「酒と街とマスターと女」連載。平日BARハシゴ、週末ARTギャラリーハシゴの日々。好奇心旺盛で人見知りをしないので、センスのある人に積極的にインタビューしていきたいです。 instagram:@00candyvoice00